カウントダウン離婚

~離婚までの記録~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

弁護士2

弁護士の先生に会い、

なんでだろう・・

なんで、旦那がこんなになたんだろう・・

なんてふたりで ハテナマークいっぱいになりながら 

討論しました。

私「私から見たら、多趣味旦那が物から感情のある者に移っただけのように

思います。必ず相手には問題があり、

その、問題解決のために、旦那が解決したいだけのように思えてしかたがない。

だから、(戻りたい)といえば、やり直してもいいと思っているんです。」

弁護士「んーでもさ・・だからといって、オープンにすることではないわけで、

 昔の政治家やら、お偉いさんのように 経済力があって愛人を囲む

ように・・って経済力ないし、まして、どうでもいい、問題に首を突っ込まなくてもいいわけで、

前の○○(能面)だって

ヤ○ザに追われててるからって、あんなことしなくても言い訳で・・」

そうです。旦那と終わりになったと、旦那から聞いたので、少しでも会社のお金を返していただきたく、慰謝料請求しました。先生に依頼しました。
もうひとつの理由はあまりにもお子チャマで、こういうことはいけないのよ!と言う意味で吊るし上げのつもり。もうひとつ、旦那からもやれ!の一言が私の気持ちを動かした


弁護士「大変だったよ~ここで話会いしたとき、○○(旦那の名前)の言っていることと違う!!って

パニックになり、携帯をガラステーブルにぶつけ、怒鳴りちらし、トイレで嘔吐し、・・

警察呼ぶところだったんだよ!!!

でも、ある意味、旦那のおかげで、彼女はいいアーティストになり、落ち着いてるみたいだけど(笑)」

そうです。旦那と弁護士事務所に依頼に着ておきながら、僕が来たことは、言わないでくれ。おれが裏切ったみたいだから。でも、いままでのメールやらハナコや、子供たちの中傷したメールも全部証拠としてだすから。トコトンやりなさい。って言いながら 裏では、ちゃんと誤って僕のこと思って全て出して、それでも、僕に愛があるか確かめてみたかっただけ。どんなに、彼女と連絡はしない。といいながら、連絡がきたらしかたがないでしょ。そのときは必要なら連絡するかも。と、納得してしまいそうな言い方をする人間だ。なんせ、彼女がものすごいアプローチを受け、彼女のためなら子供まで作ろうとした人間だ。自分のことを愛してくれれば、救ってあげよう・・と気に落ちるのだ。

弁護士「で、どうする?」

私「はい。相手を訴えます。そして、旦那とは離婚します。

あいつは 全て無くさないと わかりません。(のはず・・)」

弁護士「ん。じゃあ一度相手と話をするから。また、連絡するよ。」

私「はい。御願いします。」

弁護士「でも、前回のように、1銭もとれないかもしれないよ。いいの?」

そうです。能面の場合、学生だったとの理由と、パニック障害、鬱、拒食症と持病もち、私が離婚してない。旦那さんはもとのサヤに戻っている。もう二度と連絡、会う、しない。と約束、一度でもしたら100万円と誓約書交わした。ということは、だんなとは会いません。に同意したんだ。旦那とは会いませんと。旦那からみたら、金を払ってでも逢わせてくれ。の言葉は出てこなかった訳で。でも、数時間で破るんだけど。

私「いいですよ。こんなことされて、ノウノウと平気で暮らしている、暮らしていける、人間はうるせないので。」

わたしは・・・間違っていない。のはず・・・




スポンサーサイト


テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

    2008/03/09(日) 09:08:29| 未分類 | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<娘。 | ホーム | 弁護士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dquared.blog110.fc2.com/tb.php/34-5e753575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。